緊張するくらいの美女とセックス

雪のように白い肌をした絶世の美少女

あれは3年くらい前の話。
当時出張先のホテルでデリヘルを呼んでみた。
その地域でデリヘルを頼むのは初めてだったが
風俗が盛んな地域という事で期待していた。
一応ホームページも見て女の子をチェックしていたけど、
フリーでお願いする事に。
写真を見て選んでも騙されたり、可愛くても性格が悪かったり
体つきが貧相だったりしては何の意味もないので
顔の可愛さはあまり気にしない様にしている。
僕が一番重要視しているのは身体つき。
好みの身体をしていて肌が綺麗なら最高だ。
あとは性格。なるべく明るい女の子が良いし、
できるだけノリが良くて積極性がある子が良い。
そんなこだわりを持っている僕の目の前に現れた女の子は
今までに出会った事がないレベルの美女だった。
年は二十歳くらいで大人しい雰囲気。
僕好みの体型に雪のように白い肌。

こんな可愛い姫が表れるとは夢にも思っていなかったが
とりあえず部屋に入れてすぐにプレイ開始。
いつもプレイが始まって盛り上がった時に交渉をするのだが
今回はわりと早めに交渉する事に。
追加料金を支払うというとあっさりOKを貰えた。
最初は正常位で挿入したが、挿れてる僕が緊張していた。
正直こんな可愛い娘とセックスしたことがなかったので
恐る恐る腰を動かすと形の良いバストがリズムよく波を打つ。
しかも若いだけあってかなり締まりが良いので
すぐにイキそうになったが、なんとかガマンして腰を振り続けた。
姫の顔を見ているとどうしても緊張してしまうので
お尻を突き出してもらいバックに移行。
思わず頬ずりしたくなるほど真っ白で美しいお尻を鷲掴みにして
バック挿入。夢中で腰を振って途中で何度も胸を揉ませてもらった。
でも最後はやっぱり正常位でイクべきだと思い、
また体勢を変えて美しい顔を見ながらガン突きピストン。
無事に姫のお腹に射精する事ができた。
稀に見る美女とのセックスはかなり緊張したが
とても良いデリヘル経験になった。