会社の同僚と不倫セックス

小柄で50代のぽっちゃり熟女

50代の既婚者熟女とセフレの関係になり早一年が経とうとしている。
彼女の身長は140代でかなり小柄だが体型は少しぽっちゃりしている。
胸もEカップで揉み心地がよくセックスするだけの関係なら申し分ない。
セフレになったキッカケは会社の飲み会だった。
熟女はお酒が全くといっていいほど飲めないのだが
調子に乗って飲ませたやつがいたらしく
酔いつぶれてしまったのだ。仕方なく車で来ていた僕が送ることになり
助手席に乗せて帰っていた。
途中で熟女が目を覚ましここはどこ?私をどうする気!と
血相を変えて聞いてきたので事情を説明して何とか納得してもらった。
車を走らせている途中にお礼がしたいと言いだし
胸を突き出して触ってみると冗談交じりで聞かれた。
僕は素直にうんと頷き車を人気のない公園に停めて
助手席に寝そべっている熟女の胸を揉みしだいた。

柔らかいしハリがある胸は思っているより気持ちよくて
乳首をコリコリと弄るとンッ!といやらしい反応が。
興奮してきたのか熟女も僕の股間に手を伸ばし
大っきくなってきた‥やりたいんでしょ?
と聞かれまたも素直にうんと答えた。
そして熟女のブラウスとブラジャーを脱がし
ボリュームある胸に吸い付く。
車の中に熟女の喘ぎ越えが響く。さらに下半身に手を伸ばすと
水を被ったかのようにぐっしょりと濡れていた。
パンティをズリ下ろし熟女の股を広げて生のままズボッと挿入。
クチュクチュと音を鳴らしている性器。意外と締まりの良い膣内に包まれ
かなり良い具合に感じてきた。熟女も巨乳を揺らして気持ちよさそうに喘いでいる。
そのままさらに激しく突き上げると一際大きな声を出して悶える熟女。
もう我慢できずそのままマンコの中に精子を注ぎ込む。
それ以来僕と熟女の不倫関係は続いている。
夫や子供、ましてや会社の人間も僕達が不倫しているなんて
想像もしていないだろう。